07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.01.12 (Sat)

1年

今さらこんな話を蒸し返すのは良くないって分かってるんですけど。

吉澤さんの弟さんが亡くなられてから1年になります。
だめだ、これ打ち込んだだけで涙出てきた。
あの日刊スポーツの記事、3回くらいしか読んでないのに、
今でも一言一句思い出せる。

あの時は、ほんと不謹慎なんですけど
よりによって吉澤さんみたいな良い人間がなんでこんな仕打ちを
受けなきゃいけないんだ、とか、
もっと他に死んだほうがいい奴いっぱいいるだろ、とか
私が代わりに死ねばよかった、とか色々ぐるぐる考えてしまって、
普段から嬉しそうに弟の話をたくさんしていた吉澤さんを思い出して、
今どんなに悲しんでいるだろう、泣いているだろう、と想像して
3日くらい涙が止まりませんでした。

今でも、これを思い出すと無条件で号泣してしまう。
私も親族(祖父ですけど)を失って思い出すたびに泣いていたことも
ありましたが、そういうのって時間が経つとだんだんショックも癒えて
いくんですよね。

でも、それとこれとは違います。
自分が経験した悲しみっていつかは薄らいでいくものですけど、
自分が想像する他人の悲しみっていつまで経っても薄まらないんです。
思い出す回数は減ったとしても。

これを打っている今、すでに鼻水たれ流して本格的に泣いています。
当事者の吉澤さんご一家がもうそれを乗り越えていたとしても、
それを伝聞しただけで赤の他人の私が未だに立ち直れていません。
我ながらどうしようもないな、とは思うんですけど。


どうか吉澤さんがこの先ずっと幸せでありますように。
弟さんのご冥福をお祈り致します。

12:49  |   ├ 吉澤さん  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。