05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.05.08 (Fri)

東京アリス1

石川さん吉澤さん小川さんの舞台、見に行ってきました。
5月8日(金)15:30~のゲネプロ公演です。
席は7列の上手側でした。

原作は読んだことなかったけど、読んだ人によると
スイーツ共の恋とセックスの話だそうです。
そんな話わざわざ舞台にしてどうすんだって感じですけど、
吉澤さんがヤリマンお嬢様役ということで
こんな貴重なものを見逃すわけにはいきません。

ありす

以下、感想。
ネタバレあるし長いので隠します。

【More・・・】

まず吉澤さんが登場した瞬間から大興奮!
だって黒髪になってたんだもん!
いや黒髪とまではいえないものの、限りなく黒に近い茶髪!
うわあああああん可愛いよおおおおおおおお。
頼むから金髪はやめてくれーせめて茶髪にしてくれーと
念じ続けて約半年、ようやく願いが叶いました。
それにしても吉澤さん顔ちっせー、足なげー。
はーーー超かわいい。 Vivaさゆりお嬢様!!!!!

そういえば、よく隣に立っている義母役の栗山絵美さんや
理央役の木下智恵さんがかなり背が高かったので、
吉澤さんがものすごーく小さく見えました。
石川さんや小川さんなんかもっともっと小さい。
調べてみたら栗山さんは177cm、木下さんも169cmだとか。
これ熊井ちゃんと梅さんの身長とほぼ同じですね!
熊井ちゃんはあんなにでかいのか・・・

ちなみに役名:
有栖川ふう (石川梨華)
円城寺さゆり (吉澤ひとみ)
羽田みずほ (小川麻琴)
以下省略。

まぁ、舞台としてはうんこでした。
何が主題なのか分からない、いらない登場人物多すぎ、
(元)ハロメンにセックスセックス言わせたいだけちゃうんかと。

東京アリスは4人の女の子の恋の話なんですが、その辺が
詳しく描写されているのは主役の「ふう」だけです。
特に「さゆり」と「理央」なんか大きな心境の変化があったはず
なのに、そこに至るまでの経緯がほとんど描かれてない。
「みずほ」のエピソードも特に意味なし。
なんで「さゆり」があの関西人(役名忘れた)に惚れたのか、
なんで「理央」が「泉くん」に惚れたのか、
過程が省かれてるから正直まったく分からない。

ちなみにこの舞台、なぜか石川さんと吉澤さんのW主演って
宣伝してるけど、これ完全に石川さんの単独主演ですよ。
吉澤さんはその他大勢と同列の扱いです。
なんでW主演とか言ってるんだろ。
まぁ、失敗した時に責任を分散するためだよね。
既に失敗してる気がしないでもないけど。

でも石川さんは動きがコミカルで面白くて可愛かったし、
役柄自体も凄くハマり役だったと思います。
衣装がいちいちキショピンクでわろたwwwww
なんか石川さん太ったよなぁと見るたびに思っちゃうんだけど、
「普通の女の子」を演じる上では自然でよかったです。
あれで17~18歳頃の石川さんみたいな超美少女なルックス
だったら違和感あるし。
今の石川さんは色んな意味で人間くさい。
あと、声が大きいわけじゃないけど凄く高いので、舞台では
吉澤さんや小川さんより台詞が聞き取りやすかったです。
とにかく石川さんは出ずっぱりで台詞も多いし可愛いので、
石ヲタさんは行って損はないと思います。

吉澤さんは無理しすぎ。
キャラ的に何もかも正反対だから難しいのかもしれませんが。
演技も特にうまくなっているようには思えなかったです。
あと高飛車なお嬢様の設定なので、
なんかもう腕組みポーズがデフォなんですよね。
石川さんは常にオーバーリアクションで、舞台上を所狭しと
動き回っていて楽しそうだったのに対して、
吉澤さんは伸び伸び動けなくてなんだか窮屈そうでした。
あんなに動きのない役つまんないだろうな。
娘。時代のライブでは、ダンスのフォーメーションなんかでも
必ず移動距離最長要員で、ステージ上を駆け回ってたのに。

吉澤さんって基本的にじっとしていられない人で、
スポーツでもライブパフォーマンスでも何でもそうですけど
動くことを楽しむ人じゃないですか。
子供の頃から野原を駆け回って「風」と呼ばれてた子だった
わけじゃないですか。
そんなアクションで生きてるような人が、今回の舞台では
ずっとソファに座ってるか悠々と歩いてるか立ってるだけか。
客も本人も退屈だと思う。
何日君再来はアクションシーン盛りだくさんで良かったなぁ。
なんだかんだで白虎隊もオリビアも結構動いてたしなぁ。

1番自然体で安心して見ることができたのは小川さんでした。
というか役柄的に1番「普通の女の子」なんですよね。
「ふう」も一般人なんだけど、変わった性格の設定なので。
「みずほ」は言動や考え方がいかにも普通の子って感じで、
1番共感しやすかったです。
あと小川さん、今めっちゃ可愛くなってますよね!
あんなに可愛かったっけ?とびっくりしてしまいました。
やっぱ生で見ると違うなー。
顔もだけど、何よりフォルムが可愛い。
こんなにマコを可愛いと思う日が来るとは思わなかった。

東京アリスという舞台には、吉澤さんがスキルアップできる
ような要素はない気がします。
この舞台の稽古と公演で丸々1ヶ月スケジュールが埋まって
他の仕事ができないなんて。
私は時間の無駄とさえ思ってます、今の段階では。

吉ヲタ的な見所といえば、顔とスタイルと生脚でしょうか。
吉澤さんの美貌を堪能するためだけの舞台です。
脚本や役柄と、相性が悪すぎる。
まぁ初日だったし、多少硬いのも仕方ないのかな。
吉澤さんがアドリブ入れたりして楽しみ始めたら、多分もっと
いい表情になってくると思います。
千穐楽まで1週間あるし、少しでも成長してるといいな。

色々とボロクソ言いましたが、今日も見に行きます。
今度は面白いところを探しながら見よう。
さゆりお嬢様ハァハァ。


23:16  |  現場  |  コメント(2)

Comment

東京アリス見てきました。
「じっとしてらんない性格なんで今回の役はアクションがなくて大変」ってよっすぃ本人が今日言ってましたねw
しゃらさんすげー。
よっすぃなりに役柄と相性が悪いのを自覚してやってるのかなと思いました。
あと、確かにマコは生で見ると可愛かったです!
さゆしげ親方 |  2009.05.12(火) 01:08 | URL |  【編集】

>さゆしげ親方さん

だよねだよねマコ可愛いよね!
吉澤さんは押し寄せる違和感と戦いながら演じているようでした。
あの役柄、確かに共感できる所が皆無なんですよね。
何はともあれ、千穐楽にどうなっているかが楽しみです!

しゃら |  2009.05.12(火) 17:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。