05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.11.13 (Tue)

第1回エロス企画分析

分析なんて大層なもんじゃありません。
暇だったので、ハロメンの登場頻度を集計してみました。
特に意味はありません。
ちなみにエロ描写がある人物のみ抜き出しています。
その中で主役として登場している場合も数えました。


(主役作品/登場作品)

亀井 (2/6)

夏焼 (2/4)
高橋 (1/4)

新垣・鈴木 (3/3)
吉澤・嗣永 (2/3)
石川・田中 (1/3)

道重 (2/2)
村田・柴田 (1/2)
つんく・安倍・岡井 (0/2)

飯田・加護・紺野・久住・矢島・有原 (1/1)
後藤・松浦・梅田・菅谷・能登 (0/1)

【More・・・】

集計する前から薄々感づいていましたが、
やはりえりりんの1人勝ちです。
今が旬の子だし、何よりエロで使いやすいんですよね。
アイドルとして旬といえばベリキューなんですが、
まだベリキューではエロを書きにくいという作者さんが多いです。

注目すべきは、ガキさんと愛理の主役頻度の高さ。
これは納得です。
ガキさんの1人称って物凄く書きやすいんですよね。
彼女の1人称は自然とコミカルな感じになるので、
生々しいエロを中和してくれるのでしょう。
作者さんたちの照れ隠しです。
えーと、愛理ちゃんが多いのは単に飼育にヲタが多いからだと思います。


さて、皆さんお気づきでしょうか。
なんと藤本さんがいません。
2作ほど出演はありましたが、どちらもエロの当事者ではなく、
最後のほうでちょろっとオチとして出てきているだけです。

そういえば紺野さんも1作のみ。
リアルでも飼育でも大人気の、あの紺野さんがわずか1作です。

少し前なら、エロス企画とか言ったら真っ先に出てきそうな2人ですよね。
特に藤本さんは、85年組の中でも使い古された(失礼)いしよしごまに比べて
企画では好んで使われそうなんですが。
藤本さんがいなかったせいか、松浦さんの出演も1作と干され気味でした。


リアルではもう5ヶ月、藤本さんはメディアに姿を見せていません。
紺野さんも復帰したとはいえ、表に出てくることはほとんどありません。
まぁ、そういうことです。
リアルでの露出頻度がここまで影響するとは。

露出頻度だけの問題じゃないですけどね。
藤本さんの場合どうしても、エロといえばセックス、セックスといえば庄司、
と連想してしまいます。
あれだけ駅弁をネタにされていると、
作者さんたちも藤本さんでエロを書く気になれないのでしょう。
可哀相です。 ちょっと悲しい気分になってきました。


あぁ、朝っぱらから私は何を書いてるんでしょうね。
たぶん失礼なことたくさん書いてますね。
今日は授業が3限からなので、昼まで寝ることにします。

07:43  |   ├ 企画  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。