05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.11.08 (Thu)

『萌え』 とは何ぞや

先週のことです。
所属しているサークルの対外試合があって、朝6時に家を出ました。

昼食やスポーツドリンクなんかを買わなければならないのですが、
私の家から駅までの道のりにはコンビニがありません。
駅構内のコンビニNEW DAYSも、7時を過ぎないと開きません。
こういう時はいつも、近くにある24時間営業の99円ショップ(以下99)を
利用することにしています。

99から駅までは、どんなに急いでも5分はかかります。
6時15分の電車に乗りたいのですが、99に着いた時すでに6時9分。
もはやスピード勝負です。
私は10秒で商品を選び30秒で会計を済ますと、99を飛び出して
猛ダッシュで駅に向かいました。

あと5分。 何としても間に合いたい。
元駅伝選手としてのプライドに賭けても、この電車をむざむざと見送る
わけにはいきません。


駅に着き改札を駆け抜け、私はホームに降り立ちました。
そこで聞こえてきたアナウンス。
『電車遅れまして誠に申し訳ありません・・・』
どうやら3分ほど遅れて運行しているようです。

脱力してホームを歩いていると、後ろからぽんと肩を叩かれました。

「ゼハー、ゼハー」
振り向くと、息を切らした若い女の人が立っています。
さっきの99円ショップのレジにいた、中国人の店員さんでした。
なぜ彼女がここに・・・?

その店員さんが手に持っていたものを見て、
私はあっと声を上げました。
スポーツドリンクとおにぎりが2つ入ったビニール袋。

そうです。
私は急ぐあまり、会計を済ませた商品をレジに置き忘れたまま
店を飛び出してきてしまったのです。

彼女は肩でぜはーぜはー息をしながら、えへへと笑って
ビニール袋を私に差し出しました。

「アシ、ハヤイヨー」



萌えーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!



片言の日本語、爽やかな照れ笑い、ほんのり火照った頬。
俗に言う 『萌え』 というものを、私が全身で理解した瞬間でした。

最近ジュンジュンとリンリンの片言にいちいち萌えまくってしまうのは
多分あの店員さんのせいです。

21:21  |  その他  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。